19.4.13 あそあそ探検隊

カテゴリー
むらおかしょうこのあそあそ探検隊

【ご出演】

熊本地震から 3年。
阿蘇では大規模な斜面崩壊、阿蘇大橋の落橋、国道57号、JR豊肥本線が寸断しました。
3年たった斜面崩壊現場の状況を、国土交通省 熊本復興事務所 工務第一課長の山上直人さんにうかがいました。

s-IMG_3798.jpg

〇被災当時の様子
 斜面崩壊規模:斜面の立野長さ700m、横幅200m 
 崩壊土砂量 50万㎥と推定。

s-IMG_3797.jpg

〇現在の工事
 植生マットと金網製のネットで斜面を覆う工事を行っています!
 現在は上部を終え 中段の作業に入っているそうです。
 植生マットとは、水をよく吸収する布生地に肥料を加えたもの。
 種子は入っておらず、周辺の在来植物の種が自然に侵入してくれることを期待した工法です。
 作業は、命綱でぶらさがった作業員の手作業でやっています。

〇国交省の新しい事業
 阿蘇の土砂災害対策はこれまで熊本県が事業主。
 近年の度重なる災害で 抜本的な対策を行うためH30年度から国直轄で行うことになった。
 これにより、阿蘇で暮らす住民、観光客に「阿蘇は安全だ!」と思っていただいて、安心していただきたい。

〇復旧工事の目途は!
 大規模斜面は 2019年度末に おおむね完成予定。
 JR豊肥本線の運転再開が 2020年度の予定。

 

 

番組ホームページ