特集3

気になる〝有給休暇〟について

 近年、社会問題として『人手不足』が挙げられていますね。

アルバイト、パート、契約社員、正社員・・・雇用形態は様々ありますが、

どんな仕事にせよ「働きやすい環境づくり」というのは企業側も努力するべきところ、

雇われる側も与えられた仕事を全うしていかなくてはなりませんよね。

そこで9月は知っておいて損はない労働をテーマに特集していきます!

今回は〝有給休暇〟について、

弁護士法人「田中ひろし法律事務所」代表弁護士の田中裕司先生(熊本県弁護士会所属)

にお話を伺ってきました。

IMG_0777.JPG

Q)働いて半年経つと取得できる〝有給休暇〟。

日頃の疲れを取ろうと リフレッシュに当てたり、家族と旅行に出かけたり、

学校行事に参加するなど 様々活用できる休みですよね。

そこで質問です。例えば会社に有給休暇の申請をしたところ、

その日は休んでもらうと業務上困ると言われてしまった場合、どうすればいいのでしょう?

田中先生→有給休暇は、労働者に与えられている(自分で休みを指定できる)権利ですので、

一般的に申請して取得することは可能です。

ただしそれが業務上支障を来すということになれば、

上司や職場の方との相談が必要になってくると思います。

日にちをずらすとか、シフトの調整をする、(企業側が)どうにか人員を確保するよう

努めるなどが必要になってきますね。

Q)どうしてもその日に有給をとる!と強行した場合、その後 仕事がやりにくくなってしまう、

職場で嫌がらせを受けるようになった、左遷や配置転換をさせられた・・・

という状況も考えられなくもないんですが、こういう場合はどうしたらいいのでしょうか?

田中先生→(権利を持つ労働者が)有給を使うのは自由ですし、

それによって不利益を被ることはあってはならない訳ですから、有給を取ったがために、

そういう状況になるのは不当と言えます。先ほども言いました通り、

労働者には休む権利が認められている訳ですから、そこは守られていいはずです。

やはり休む日については事前に(上司や職場の方に)相談するなどして、

有給を消化されたほうがいいでしょうね。

困ったことがあれば、労働組合などに相談されてもいいかもしれません。

 

***編集後記***

会社によって大なり小なりありますし、

職場環境も他の人と比較しても違う部分はあると思います。

そこでの人間関係もありますしね、、、

今回、有給休暇の話題を通して、労働者の権利が守られていることがしっかり分かったので、

そういう点では安心して働いていいんだなと思いました。

ただ いつどういう状況で休みをとるのか ということになれば、

普段の仕事に対する姿勢(勤務態度)・人間関係・協調性といった面も

少なからず影響があるようですね。

今月27日にも、また別の角度から労働についての取材をしてきますので、

よかったらまたご一読ください。

 

<取材・文  前園 絵吏>

特集4

30〜35年支払う住宅ローン、うまい活用法って?!

最近、福岡に住む知人がbuildingshine新築マンションの購入を検討していて、まずは抽選に当たって、

その後ローン審査、購入となれば30年ローンで支払うことになる・・・

という現実を切々と聞いたもので、これは私も色々勉強しておかないと!と思い、

今回 取材に至りました。

お話をファイナンシャルプランナーで

「情報とせんたく」の代表ー吉井靖男さんに伺っています!

ー吉井さんのもとに「住宅ローン」の相談にみえる方はいらっしゃいますか?ー

吉井さん:ええよく相談にいらっしゃいます。

住宅ローンは、みなさんよくご存知の通り 大きく分けて

〝固定〟〝変動〟の2タイプですよね。

固定は金利が高め、変動は金利が安いものの、

途中 金利が上がった時に負担額が大変だろうな…

というリスクをみなさんお持ちのようです。

今は変動でもインターネットで申し込めるものもあり、

安いものだと0、04%の金利というのもあります。

★例えば、土地+建物代で3000万円のマイホームを購入し35年で住宅ローンを組むとします

変動金利の住宅ローンだと

パターンA)10万4千円/毎月払い

パターンB) 8万9千円/毎月払い

間違いなく世間一般の方はパターンBで申込されるでしょう!ここまではいいとします。

でも、私がご提案するのは、それから先ですeye

例えば、パターンBで申込をし、

その上で(A−Bの差額)1万5千円を運用させお金を増やしていくという考え方です。

35年間パターンAを支払ったと思えば、

1万5千円を違うところで使うというのも有効な手段だと思いませんか?

例えば、その運用方法で1万5千円が効果を発揮すると

(5パーセント運用で10年)230万になるんですね。

その10年間で運用できた額を、繰上げ返済として住宅ローンに当てれば、

年老いて支払う額の負担が減りますよね。そうなると生活に余裕が出てきて旅行に行ける、

孫にお小遣いがやれる、家のメンテナンスやガーデニング、

車の購入などにお金をまわせたりする訳です。

impactちなみに繰り上げ返済について言えば、インターネットで申し込んだ場合、

手数料ゼロのところもあります。

なので、繰り上げ返済に回したからといってデメリットはありません。

まぁ、申込をしたプランによっては繰上げ返済の手数料を取るところもありますので、

申込書や契約書をこの機会に確認してもいいかもしれませんね。

 

ーでは吉井さん、今すでに「住宅ローン」を支払っている方には・・・支払途中で固定→変動に変え、

加えて 毎月積み立てを始めたり、投資信託などでお金を一部運用させる方法に切り替える、

というのは遅いのでしょうか?ー

吉井さん:見直すのに早い遅いというのは(実際ありますけど)

考えなくていいと思います。

だって過去は過去、

これから先の未来を見据えて決断することこそ大事だと思いますよ!!!

私がよく言っていることとして『人生の成功は技術』

どうすれば人生を幸せに導いていけるか、

そのためには今 何をすべきか、早い段階でわかっていた方がいいんじゃないですか。

flagですのでオススメしているのは、なんでも比較して検討してみるコト

①「住宅ローン」を固定にするか or 変動にするか

②生命保険は、終身保険でいくのか、掛け捨てでいいのか

③お金を貯めるのに金融機関に預けるのか、

もしくは投資信託などでお金を働かせる方法でいくか

この3点を知っていると・知らないのとでは、大きく変わると思います!

あなた自身、納得いくまで学んでみて決めてみてもいいのではないでしょうか?

 

IMG_0779.JPG

吉井さん、今日もためになる情報 ありがとうございました

 

<取材・文  前園 絵吏>