8月16日(金)、MAHALO代表 宮本武輝さん

今夜のお相手はタンクマの大瀬洸伸さんです。
ゲストはMAHALO 代表/ハワイアンミュージシャン宮本武輝さんです。
DSC_0408.JPG
太陽のような明るさの宮本さんは現在発売中のタンクマにも掲載されています。
このインタビュー前に裸足になってくださいました。

宮本さんは普段はイベント業務、ハワイアンミュージシャン、ウクレレ講師という色んな顔をお持ちです。

宮本さんの原点はハワイかもしれません。

初めてハワイを訪れたのが19才の時。タワーレコードで見つけたのは王道のハワイアンの2枚のCDでした。一枚は歌入りのIZのCD。もう一枚はハーブ・オオタ・ジュニアのウクレレインストゥルメンタルCDでした。
20年後にこの2枚に関わる2人のアーティストと共になるとは、運を持っているのでしょうね!

26才の時に熊本で「走って全国を旅する少年2人組」に遭遇した時、彼らはKONISHIKI夫妻のアルバムを手売りしながら日本を縦断していたと言います。その交流が後にKONISHIKIさんと仕事をするきっかけになりました。今ではライブのサポートメンバーとしてご活躍です。

20年ほど前に訪れた3回目のハワイでは、そこで目にした 立ち上がったばかりのウクレレブランドKoAloha(メイド・イン・ハワイの世界的なトップブランド)のウクレレと出逢いました。ウクレレの手軽さと明るい音色に魅了された宮本さんですが、20年後にKoAlohaのsupported アーティストになるなんて幸運はもちろんのこと、実力も備わっていたからでしょう。
DSC_0413.JPG
ZEROのスタジオでウクレレ演奏してくださった曲を番組で流しています。ウクレレの音色は癒されますよね〜。
ウクレレの弦は4本です。爪で弾くために数本の爪をキチンと伸ばしていらっしゃいました。

そんな宮本さんのZEROになれる瞬間は、寝落ちのときなのだそうです。ショートスリーパーとのことですよ。
DSC_0412.JPG
宮本さんについて詳しくは、現在発売中のタンクマ8月号をお読みください。Facebookもなさっているのでチェックしてみてくださいね!


Sakiko Yoshimoto

Program info

熊本市中央区安政町にあるサテライトスタジオ「ZERO」。
金曜日の夜、第一線で活躍する様々な人たちが集まり、ゼロから広がる無限の可能性を求めて、クリエイティブな会話が行われます。
今回はどのようなケミストリーが生まれるのでしょうか・・・