20.5.23 ほっとコミュニケーション

カテゴリー
ほっとコミュニケーション

【ご出演】

今週は、阿蘇山上のミヤマキリシマについて、
環境省あそくじゅう国立公園管理事務所 
アクティブ・レンジャーの 藤田幸代さんにお話を伺いました。

〇ミヤマキリシマって?
 ミヤマキリシマは、火山の火口近くなどに自生する、ツツジ科の植物です。
 標高の高い火山地帯と酸性の土壌を好み、九州各地の火山地帯で目にすることができます。
 町中にある園芸種のつつじよりも、花が一回りほど小さいのが特徴です。
 ピンク色が有名ですが、他にも朱色や薄紫、ショッキングピンクなど様々な色があります。

〇阿蘇山のミヤマキリシマ
 今年は例年に比べて色が鮮やかで美しいとの事です。
 中でも烏帽子岳では、まるでピンクのリボンを掛けたように咲き誇っています。
 遠くから見ても勿論美しいのですが、近くで寄ってみても
 花の1つ1つの違いを楽しむことが出来ます。

番組ホームページ