23.7.29 ほっとコミュニケーション

カテゴリー
ほっとコミュニケーション

【ご出演】
今週は、阿蘇の草原について、
お話を、宮崎大学農学部 西脇亜也さんに伺いました。

☆西脇さんと阿蘇との関わり
西脇さんは、以前東北の方で草原の研究をされていました。
その後宮崎大学に来て、今は年に数回阿蘇の草原に訪れ、研究をされているそうです。
そして、宮崎大学に来たその理由が「阿蘇が近いから」。
阿蘇はもともと好きで、憧れの地だったようです。

☆草原は森林より環境に良い!?
環境省、九州バイオマスフォーラムによると、
草原は森林よりも二酸化炭素を吸収する、という驚きのデータが出ています。
また、草原の草は堆肥、家畜の餌、バイオマス発電、かやぶき屋根など、幅広い用途で使えます。
草原は人にも、環境にも利益をもたらしてくれる存在なのです。

☆草原のこれから
草原は放っておくと森林になってしまいます。
森林にならないように維持しているのが、他でもない阿蘇の人々です。
しかし、近年少子高齢化の影響で、管理が行き届かず草原が減少しているのが現状です。
これを解決しようと、現在、阿蘇の草原再生協議会など、様々な団体が力を出し合っています。
教授は、「草原の再生については楽観的に考えている」と、前向きな言葉を述べてました。
私たちも他人事と思わず、草原について日ごろから知識を得ておきましょう!

番組ホームページ