12月19日 営業日誌

カテゴリー
営業日誌
今回のプレゼンは...
「鉄板焼 太郎」から山田健太郎さんにお越し頂きました。
 
【鉄板焼 太郎について】
オープン : 2019年3月6日
住所 : 熊本県合志市大字竹迫宇桜山2264 アンビー熊本2街区
交通アクセス : 合志市/アンビー熊本内
営業時間 : 月、水~日、祝日、祝前日: 11:00~21:30
(料理L.O. 21:00 ドリンクL.O. 21:00)
定休日 : 火
 
■どんなお店?
鉄板焼をメインとした料理を提供
昼:焼きそば / モダン焼き / こだわりの定食など
夜:お得な飲み放題もある居酒屋
 
■人気/自慢のお料理
太郎焼きそば/山芋たっぷりの海鮮モダン焼き/
激辛モダン焼き(通称:肥後マグマモダン)←阿蘇山をイメージ。辛いのが好きな人にはオススメ
そして、なんと言っても、サイコロステーキや黒豚ハンバーグ、馬ホルモンの鉄板焼と煮込みなどの肉料理。
 
■鉄板焼 太郎の拘り
郷土料理でもある馬料理:馬刺し、レバ刺しなど、新鮮な馬肉を仕入れている。
ステーキ:佐賀県の山下牛舎直送のA5ランクのサーロインから、がっつりアメリカン・ビーフまでお客様の好みに合わせたものが多種。
わさびや塩、オリジナルソースで味を引き立てる。
 
六白黒豚:宮﨑県小林市「桑水流畜産」から直送。
霧島連山の伏流水と厳選された飼料で育てられた六白黒豚を使った、黒豚ハンバーグや生姜焼きなど、ジューシーで甘みのある黒豚料理。
 
19mmの極厚鉄板があり、なんと1.5m×60cmの大きさで値段は50万円!!
その鉄板が2枚あります。
 
極厚鉄板を使用する理由として、鉄板は冷たい食材をのせると温度が下がりやすい。
鉄板が熱いと、熱が下がりにくく温度変化が少ないといったメリットがあります。
 
ただ、一番といっても良い程こだわっているもの!
それは笑顔とおもてなしです。
「本格」と店名にうたっているように、素材、調理器具、調理技術、接客サービスの全てを追求した店作りを心がけています。
 
【夜の居酒屋について】
 
■夜の居酒屋の特徴
「居心地の良い場所」であるように店内を作っている。
なので、ゆっくり、ほのぼのでもOK、ワイワイ、ガヤガヤでもOK!!
子供から大人まで美味しく、楽しく過ごして頂けるようにしている。
 
■メニュー
前半でお伝えしたメニューに加え、おつまみなどの居酒屋メニューも盛りだくさん。
また、ステーキを含んだコース料理も充実。
ビールや焼酎、カクテルや日本酒など、お酒も数多く揃っている。
 
■忘年会や新年会などの対応
10名様以上での貸切りが可能。要予約
飲み放題もあります。
 
■英太郎ホールディングスを聞いている方へお得なサービス
お食事代から10%引き、そして、PayPayで支払いをされた方は、更に、最大10%の還元で、MAX20%お得にお食事をしていただけます。
※PayPayの還元はお支払い金額により還元率が変わる。
予約/来店時に「英太郎ホールディングス聞いたよー」と伝えてください!!
 
■お店の情報
・お店の名前:本格 鉄板焼 太郎
・お店の場所:合志市 JTの道向、アンビー熊本内
・営業時間:11:30~21:30(LO)
・定休日:毎週火曜
・お問合せ:096-248-8989
 
報告担当営業部員は…気ままにアウトドア営業 林原真希でした!
 
-----
 

Program Contents

英太郎ホールディングス

毎週木曜15:00~15:55 ON AIR

代表取締役兼CEO 英太郎
代表取締役兼CEO
英太郎

謎の企業グループ“英太郎ホールディングス。トップに君臨するワンマンCEO英太郎。毎回、様々なテーマで研究開発を行なう美しき営業部員たち。番組リスナーを「リスナー社員」とし、毎回、CEOへの報告メールが寄せられる。

[番組メールアドレス]
ceo@fmkumamoto.jp
メールフォームはこちら>