ご機嫌いかがですか、千田浩未です。

1/19 SAKURA MACHI Kumamoto に、待望の英語パンフが出来上がりました!

先週の放送で、SAKURAMACHI Kumamoto に、まだ外国語でのフロアガイドが無くて。。。とお伝えしたのですけれど、今日は嬉しい訂正です!英語でのパンフができました!とっても嬉しかったですし、海外からの旅行者は、随分助かっていらっしゃるのでは、と察します。ただ、そのパンフの中身はどうか、ということになると、まだちょっと、改善の余地あり、です。

例えば「銀行のATM」の訳が、BANK OF ATM 。日本人は、どうしても日本語で「の」と、あると 英語にする時 of を使いたくなりますけれど、まさにそうした訳になっています。ATMは単にATM でOK。BANK OF をつける必要ありません。また、共同で使えるワーキングスペースは、ワークショップとなっているのですが、そのワークのスペリングが work ではなく、wark になっているなど、初歩的なミスが多いのが残念!ただ、なんといっても、これは初版ですから、第二版が出る時には、改善されると信じています。というのも、それを放っておいてしまうことは、海外の人に対しては、熊本の英語のレベルはそんなものだ、と示し続けることになりますし、次の世代の子供達に対しては、間違ってるのがわかっていても、訂正とかしなくて世の中OKなのだ、というメッセージを発してしまうことになってしまいそうですから。

とはいえ、訂正が必要、というのは、まず最初の一歩が踏み出せた証です!本当に評価に値すると思っています!ですから、くまモンに関して、まだまだ県による外国語表記が進んでいないと、「本気度」が気になってしまうんです。熊本が海外、特にアジア地域に広く知られるようになるのに、この10年大きな役割を果たしたくまモンですけれど、今年3月、10周年誕生祭が開かれます。で、その参加申し込みが、現在ネットで受け付けられているのですが、情報や申し込みフォームが日本語のみ。普段、くまモンスクエアに、海外から多くの方がいらっしゃっているのを考えれば、中国語でのインフォ発信があってよかったのではないかと考えます。5日ほど前、県庁に問い合わせた時は、外国語ページができるかどうか分からない、と言われたのですけれど、もしかしたら、この放送までには、翻訳ページできている、というサプライズがあるかもしれません。ちなみにくまモン誕生祭2020の観覧申し込みは、来週日曜日19日まで!申し込み多数の場合、抽選となっています!あなたもトライしてみませんか?

Kumamoto Curio 提供は熊本の多言語発信を目指すKuma Visit!

今日のBGMは“Someone I Used to Know” by Zac Brown Band.

Personalityは千田浩未でした!

 

番組内容

熊本を “visitor-friendly"(訪れる人に優しい)地域に!
2019年にはラグビーワールドカップ2019、2019女子ハンドボール世界選手権大会の開催地となり、翌2020年の東京2020オリンピックにはインドネシアのホストタウンとなる熊本。
海外から訪れる人の増加が見込まれる今、店舗・施設の多言語表記を推進し、熊本の魅力を発信する5分番組。
クラウドファンディングにより、リスナーの応援が作る新しいスタイルのプログラムです!

curio@fmkumamoto.jp
メッセージフォームはこちら>

Kuma Visit