ご機嫌いかがですか、千田浩未です。

6/2 肥後銀行のATMに英語表記が加わり、海外ルーツの方にとり、とっても使いやすくなりました!

タグ
肥後銀行のatmに英語表記が加わり、海外ルーツの方にとり、とっても使いやすくなりました!

熊本に海外から「旅行でやってくる」人にとって、外貨の両替や、ちょっとしたお金を日本円で手に入れるのには、セブン銀行や、城彩苑にある両替機で十分でしょう。けれど、熊本に「住んでいる」外国人にとって、ATMを使わなければならない時、これまで肥後銀行のATMに英語表記がないことは、ちょっとした壁になっていました。

けれど、この壁、5月の半ばに、かなり低くなったんです! ATMの画面に「お引出し」 withdrawal 「預け入れ」deposit 「残高照会」check balance 「通帳記入」passbook update そして「通帳繰越」new passbookの5項目の英語表記が加わりました!それ以前、熊本銀行では既に英語表記が始まっていましたし、ディスカウントショップの中には、英語だけでなく、韓国語、中国語でも表示可能で、海外の人が支払いに、それほど不自由しない機器が導入されていましたから、ついに肥後銀行のATMでも英語表示が始まったのは、本当に嬉しい!

ただ、英語表示が欲しい、と願っていたのは、熊本の企業・会社への代金や家賃などの振込の便利さ向上のためだったのですが、振込・送金の英訳(Transfer とされることが多いですが) これに関しては、まだこれから。また、たとえば「通帳を入れてください」などの操作部分の英訳も、待たれるところですが、他の銀行のATMの英訳を参考にしながら、よりわかりやすい表示にすることができますし、充実した外国語表示が増えるに違いありません!

熊本は、企業も消費者も英語への関心が高いとは言えないのが現状ですけれど、それでも例えば、ATMを利用するときに、英語が添えてあれば、日頃から「へえ、そういう言い方をするんだ!」って気づく人も増えるでしょうし、その知識が海外へ旅行に行ったり、海外で暮らす時にも役立つに違いありません。暮らしに必要な外国語語表示が増えることは、熊本がいろんな国の人々と関わりを持ち、共に生きていく社会になれる可能性を示す一歩です!もっと、こんなところにも外国語表示が欲しいな、と願う場所、どこがありませんか?ぜひ、番組ブログにインフォお寄せください!

Kumamoto Curio, 提供は熊本での多言語表記を推進するKuma Visit.

今日のBGMは “Sleep without You” by Brett Youngでした。

番組内容

熊本を “visitor-friendly"(訪れる人に優しい)地域に!
2019年にはラグビーワールドカップ2019、2019女子ハンドボール世界選手権大会の開催地となり、翌2020年の東京2020オリンピックにはインドネシアのホストタウンとなる熊本。
海外から訪れる人の増加が見込まれる今、店舗・施設の多言語表記を推進し、熊本の魅力を発信する5分番組。
クラウドファンディングにより、リスナーの応援が作る新しいスタイルのプログラムです!

curio@fmkumamoto.jp
メッセージフォームはこちら>

Kuma Visit