ご機嫌いかがですか、千田浩未です。

9/29 いよいよ来週に迫った熊本でのラグビーワールドカップ、フランス vsトンガ戦。会場に持ち込めないもの確認できていますか?

スタジアムへの飲食の持ち込みに関して、23日、規制緩和が発表されたのは、嬉しいことでした!当初、食べ物の持ち込みは一切禁止と言われていましたけれど、 個人で消費できる量に限り持ち込みが可能になったんです!それ以前試合があった会場で、食べ物が売り切れとなる事態が起こったことで、条件緩和となりました!

ただし、緩和されるのは、食べ物のみ!飲み物に関しては、これまで通り、全く持ち込みができませんので、ご注意ください。飲み物の持ち込み禁止というのは、基本的に公式スポンサーの飲み物を会場で買ってね、ということだと察するのですが、正直お財布には、あまり優しくありません。525mlのハイネケンが1000円。そのほかのアルコールが350mlで600円。ソフトドリンクは軒並み250円となっています。普段の自動販売機とか量販店での値段を考えると悲しくなるので、覚悟して出かけましょう。現金の準備も必要かも知れません。と言うのも今回の大会で使えるクレジットカードはスポンサーのマスターカードのみ。VISA、JCB, AMEXなどは使えません。また入り口では手荷物検査があり、自分にとって大切だけど会場持ち込み禁止になっているものを持参してしまった場合、究極の選択を迫られることになるかもしれません。しかも手荷物検査、混雑するとかなり時間がかかることもあるようで、早めに来場することが奨励されています。

あと自撮り棒や三脚も許可されていません。折りたたみ傘はOKですが長い傘はダメ。天気が良いいことを祈るのみですが、雨天の場合、レインウエアのポンチョが重宝しそうです。逆にお天気が良い場合、他の人の視線を遮るような帽子や日傘は使えませんので、日焼けが気になる場合のUV対策も必要かも知れません。Wi-Fiルーターやべビーカーも持ち込みは不可です。

逆に、持ってこなければならないものも忘れないように!チケット規約では、転売禁止の目的で、入場の際に、購入者本人確認されることになっています。つまり、写真付きの身分証明書の提示が求められるのでお忘れなく!あと、必需品というより、持っていくと楽になったり楽しめたりするのが、双眼鏡やオペラグラスもあるといいかもしれません。いよいよ来週に迫った熊本でのRWC!一生に一度の時間が始まります!

Kumamoto Curio, 提供は熊本での多言語表記を推進するKuma Visit.

今日のBGMは”Next Year” by Hunter Brothers.

Personalityは千田浩未でした。

 

 

番組内容

熊本を “visitor-friendly"(訪れる人に優しい)地域に!
2019年にはラグビーワールドカップ2019、2019女子ハンドボール世界選手権大会の開催地となり、翌2020年の東京2020オリンピックにはインドネシアのホストタウンとなる熊本。
海外から訪れる人の増加が見込まれる今、店舗・施設の多言語表記を推進し、熊本の魅力を発信する5分番組。
クラウドファンディングにより、リスナーの応援が作る新しいスタイルのプログラムです!

curio@fmkumamoto.jp
メッセージフォームはこちら>

Kuma Visit