ご機嫌いかがですか、千田浩未です。

10/20 お店で「QRコードは使えません」を英語だと、どう表現したらいいか、ご存知ですか?

熊本では来月末から、今度は女子ハンドボール世界選手権大会が開催されます。ラグビーの時は4カ国のおもてなしでしたけれど、ハンドボールでは24カ国のチームが熊本に集結!2週間を通し、熊本市内だけでなく、八代、山鹿でも多くの海外からの選手や関係者が、時間を過ごすことになります。

旅人にとって、一番の楽しみの一つは食!そこで、Kuma Visit、今年、5つの言語による飲食店での指差しシートの作成に関わってきました。3年前、震災の後作成したものを土台とし、今回は熊本県立大学の宮園博光教授とその研究室の学生さんによる若いエネルギーで、とても洗練された指差しシートが、英語、フランス語、中国語の繁体、簡体、そして韓国語の5つのバージョンで出来上がりました!欧米圏からのお客様には英語、フランス語版を、アジア圏からのお客様には、中国語、韓国語版を、メニューと一緒に出していただくことで、やり取りのハードルが下がるのは間違いありません。もちろん、何よりも大きなコミュニケーションの味方は笑顔ですけれど、「これお通しです」とか「今、満席で」というちょっとしたフレーズをスタッフが勉強するのにも、この指差しシート役立っていると聞いてます。

今回のプロジェクトに関してとても嬉しいのは、県が国際スポーツ大会を、また、熊本市が秋の様々な祭りイベントをそれぞれ成功させたいという二者の思いが一つにまとまって、縦割り行政の枠を超え、今の段階で、一番充実した内容のものを作るために、商店街協議会も巻き込み、さらには熊本市国際交流振興事業団が全体をまとめる、という、ある意味ALL KUMAMOTOで生まれたツールだという点なんです。

実はこの5言語による指差しシート、飲食店用だけではなく物販用も作成され、この放送の頃には、出来上がっている予定です。熊本が海外ルーツの皆さんにとっても住みやすく、また地元のビジネスにとってもプラスになるツールとして、指差しシート、ぜひご活用ください。県庁の国際スポーツ大会推進事務局またはKuma Visit のFacebookでお問い合わせお待ちしています! ちなみに冒頭の表現はQR code settlement is not accepted.

Kumamoto Curio, 提供は熊本での多言語表記を推進するKuma Visit.

今日のBGMは “The Man” by Taylor Swiftでした。

番組内容

熊本を “visitor-friendly"(訪れる人に優しい)地域に!
2019年にはラグビーワールドカップ2019、2019女子ハンドボール世界選手権大会の開催地となり、翌2020年の東京2020オリンピックにはインドネシアのホストタウンとなる熊本。
海外から訪れる人の増加が見込まれる今、店舗・施設の多言語表記を推進し、熊本の魅力を発信する5分番組。
クラウドファンディングにより、リスナーの応援が作る新しいスタイルのプログラムです!

curio@fmkumamoto.jp
メッセージフォームはこちら>

Kuma Visit