「FMK Morning Glory 食育プロジェクト」9月24日(火)

カテゴリー
食育プロジェクト
今年度のテーマは、「食の力を見直そう!」。
命の源である“食”は、心と身体の健康や生活のリズムに深くかかわっています。
食材の栄養やバランス、料理の基本、調理法など、食べる力が身につく情報をお届けします。
 
「いも煮会」や「いも名月」など、日本人とは長いつきあいの食材「里芋」が出回る季節になりました。
ねっとりした食感が魅力ですが、皮をむくとき滑ったり、手がかゆくなったりとちょっと面倒ですね。
里芋の皮を簡単に剥くには、加熱するのが楽です。
洗った里芋を、芋がかぶるくらいの塩水で、水から10分ほど茹でる。
または、里芋に1周包丁で切り目を入れて耐熱皿に入れ、水を一回しかけて、ふんわりラップをし、電子レンジ(600W)で4~5分加熱します。
加熱時間は、大きさで様子を見ながら加減してください。
これでつるんとむけるし、手もかゆくなりませんよ!
 
では、今日は「阿蘇小国ジャージー牛乳」から、「里いもの牛乳煮 和風仕立て」のレシピを紹介しましょう。
 
【材 料】(4人分)
里いも・300g  ニンニクのみじん切り・小さじ1  バター・10g  
牛乳・200ml  酒・大さじ2  みそ・大さじ1  薄口しょうゆ・大さじ1
万能ねぎ・適量
 
【作り方】
里いもの皮をむき、2~3つに切って、煮崩れしないように面を取る。
ニンニクのみじん切りとバターを厚手の鍋に入れ、中火で香りが立つまで炒めたら、里いもを加えて炒める。
牛乳と酒を加えて一度沸かせて、弱火にして5分煮込み、みそと薄口しょうゆを入れ、味を調える。
蓋をせずに煮て汁けを少しとばし、仕上げに薄切りした万能ねぎをあしらって出来上がり!
 
味噌と醤油とミルクの風味で、里いもがねっとりおいしいレシピです。ぜひお試しください。
 
「FMK Morning Glory 食育プロジェクト」
「フンドーダイ五葉」は、このプロジェクトに協賛しています。
 
-----
 

FMK Morning Glory

「熊本の朝をさわやかに!」を合言葉にお届けしています。
毎週月曜~木曜の 7:30~10:34
パーソナリティ
月曜・水曜 長木真琴
火曜・木曜 松村奈央
番組ホームページはこちら