「オオヤブデイリーファーム」 大薮沙紀さん

カテゴリー
やさしいごはん
「やさしいごはん」
週代わりでレギュラーゲストをお招きして、季節にぴったりの食に関する話題をお送りしています。
今日は第5水曜日ということでスペシャルゲストバージョン。
合志市の牧場「オオヤブデイリーファーム」 の大薮沙紀さんにお話を伺いました。
 
Q① オオヤブデイリーファームの概要を教えてください。
 
住所:〒861-1102 合志市須屋2541
電話:096-242-7913
営業時間:10時から16時
定休日:8月は9日10日、14日、15日、16日のみ営業
9月より金曜、土曜、日曜、祝日営業
HP、Blog、Facebook、インスタグラム等:https://www.oyabudairyfarms.com/
 
Q② オオヤブデイリーファームがオープンしたのはいつごろでしょうか。
 
先代の主人の父が高校生の頃お小遣いで乳牛を飼い始めたのをきっかけに、1975年に本格的にオオヤブデイリーファームとして酪農をはじめました。
1代で酪農をやめるつもりだった義理の両親ですが、たまたま主人が大学生の卒業間際にいった海外での酪農研修をきっかけに就農することを決め、現在2代目として酪農をしております。
 
Q③ オオヤブデイリーファームとは、どんなところですか?
 
1975年に酪農を本格的に始め、1990年頃から牧場を開放し、元々学校の先生だった母が酪農教育ファーム認証牧場として、酪農体験活動をずっとおこなっております。
今では毎年1000人以上の子供たちを受け入れております。
また、2000年から牧場内でソフトクリームなどの販売場の営業を始め、2年前に改装し現在「MILKORO」の店名で営業しております。
9年前から自社で乳製品製造もおこなっております。
 
Q④ コロナの影響で、学校給食や飲食店での牛乳の消費が落ち込み、酪農家の皆さんは、大きな影響があったと聞いていますが、実際はどうでしたか?
 
はい。実際に牛乳が行き場を失っているという話はきいていました。
しかし、私たち酪農家は生産のプロで、私たちが生み出した牛乳は酪農マザーズに集乳され、そこで加工販売されていきます。
ちょうどコロナウイルス蔓延により、免疫力をつけようという世の中の流れからか、自社で製造しておりましたヨーグルトの販売数はのびておりました。
 
Q⑤ 牧場体験について、教えてください。

詳しくはホームページをご覧ください。
基本事前予約でご対応しております。
 
Q⑥ オオヤブデイリーファームの人気商品、おすすめなど教えて下さい。
 
やはりヨーグルトです!
私もこのヨーグルトを毎日食べるために嫁にきたほど!
ヨーグルトは、ホルスタイン乳でつくる半熟よーぐるちょと、ジャージー乳でつくるMILKOROエイジングヨーグルトがあります。
自社のジャージーソフトクリームと一緒に食べるとなおおいしいです!
 
Q⑦ オオヤブデイリーファームの商品を使ったレシピを教えてください。
 
少し熟成させた弊社のヨーグルトにハーゲンダッツなどの、ちょっと濃厚なアイスをのせて食べると絶品です!
 
Q⑧ 最後にオオヤブデイリーファームさんのPRなどをどうぞ!
 
コロナウイルスの影響でずっと店舗営業を自粛しておりましたが、今回8月に5日間のみですが、限定で店舗をオープンいたします!
また、9月からは通常営業を予定しており、オオヤブデイリーファーム名物のとうもろこし畑の巨大迷路も開放予定です!
サッカーコート2面分ほどの巨大迷路は毎年必ず挑戦にくるかたも多く、その後に食べるソフトクリームはまた格別においしいはずです!
ぜひ遊びにいらしてください。

-----
本日オンエアのこのコーナーをポッドキャストでも配信中。
詳しくはここ↓

FMK Morning Glory

「熊本の朝をさわやかに!」を合言葉にお届けしています。
毎週月曜~木曜の 7:30~10:34
パーソナリティ
月曜・水曜 長木真琴
火曜・木曜 松村奈央
番組ホームページはこちら