リハビリテーションセンター 熊本回生会病院 副院長・診療部長 鬼木泰成先生

カテゴリー
月曜対談
「ひと」「もの」「こと」に関わるさまざまなトピックを切り取っていくインタビュー「月曜対談」。
今日は東京オリンピック・パラリンピックに、選手村総合診療所の整形外科医師として参加された、
リハビリテーションセンター 熊本回生会病院、副院長・診療部長の鬼木泰成先生に
8月のご出演に引き続き、パラリンピックでのご活躍について、お話を伺いました。
 
●プロフィール
 
一般社団法人熊本県バスケットボール協会副会長医科学研究委員
熊本ヴォルターズチームドクター
熊本保健科学大学整形外科客員教授
熊本学園大学非常勤講師
日本整形外科学会認定スポーツドクター
日本スポーツ協会公認スポーツドクター
日本臨床整形外科学会代議員
熊本臨床整形外科学会専務理事
専門:スポーツ整形外科全般膝、足関節
趣味:スポーツ観戦仕事役職上バスケットボールが多い
 
●リハビリテーションセンター熊本回生会病院の概要
 
 
1977年4月1日開院
許可病床数161床病棟3階一般病棟61床4階回復期リハ病棟50床5階回復期リハ病棟50床
診療科目リハビリテーション科整形外科内科循環器内科脳神経内科外科
麻酔科(標榜医:宮本千里)放射線科歯科・口腔外科
住所・電話〒861-3193熊本県上益城郡嘉島町鯰1880
電話:096-237-1133FAX:096-237-2252
診療時間9:00~17:00(平日)9:00~12:30(土曜日)
受付時間8:30~11:00
休診日日曜・祝日
整形外科9名内科1名麻酔科1名歯科1名の常勤医師
神経内科2名外科1名の非常勤医師
手術実績昨年は584件
併設:スポーツメディカルセンターメディフィット回生会にじいろ保育園
 
●鬼木先生の日頃のお仕事の内容について
 
外来病棟診療と手術
熊本ヴォルターズの選手のメディカルチェック、診察、治療
熊本県バスケットボール協会副会長業務大会視察大会役員
スポーツ関連学会での講演、発表、会議出席(国内外)
熊本保健科学大学熊本学園大学学生講義
熊本県・熊本市教育委員会からの講演依頼
日本・熊本臨床整形外科学会の事務的業務
 
●鬼木先生は来年開催される2020年東京オリンピックにドクターとして参加されるそうですが、オリンピックのドクターにはどうすればなれるのでしょうか?
 
2018年7月に日本臨床スポーツ医学会を通じて、JISSより日本で40人、ポリクリ整形外科医の募集があることが通知され、条件は、日常診療におけるスポーツ医学実績、外国人診療経験の有無を元にまずは当学会代議員の先生を優先に推薦すると連絡あり。
スポーツ医学に精通した大学教授、センター長などからの推薦とあわせて、応募し、抽選の結果で候補が決定する。
条件(ボランティアとしての活動、情報保護の意志確認など)の提示があり、承諾が得られた医師が、選出される。2018年10月
しかし、大会直前になり、コロナの影響による辞退者がでたこと、医療体制再構築が必要になったことで、日本スポーツ協会登録スポーツドクターを中心に再募集あり。
 
●オリンピックのドクターはボランティアだと伺っていますが、鬼木先生が志願された動機、理由を教えてください。
 
今回の東京オリンピックパラリンピックは4年に一度の大会ではなく、自分が参加できる一生に一度の大会になるという気持ち
今回の経験で得られるものを、熊本の子ども達、スポーツ選手に活かしたいとの気持ち
お金では買えない貴重な体験であるため
 
Q①オリンピックに引き続きパラリンピックのドクターとして活動をされたという事ですが、オリンピックとは別に募集があったのですか?
それとも、同じ募集枠だったのでしょうか?
また、パラリンピックのドクターとして活動するために必要な条件などございましたか?
 
同じ募集枠です。
当初集められた時点では、オリンピックパラリンピックのいずれか、両方かの希望が聞かれ、それに応じて組織委員会、準備委員会の方で、シフト調整が行われていました。
しかし再募集後に参加される方は、辞退者などの欠員補充にあてられていたため、希望通りの参加にならない方もいたと聞いています。
パラを診察するうえでは,特別他の資格は必要ありません。
しかし、その持っていらっしゃる障がい特有の問題について、オンライン講習がありました。
またユニバーサルデザインや、車椅子の移動法など彼らが診察を受けやすい環境についての講習がelearningで行われました。
僕らとクラシファイアー(障がいレベルを判定する方)は全く別です。
 
Q②前回のインタビューで、オリンピックドクターのお仕事を伺いました。
オリンピックと今回のパラリンピック。スポーツドクターとしての従事内容に違いはありましたでしょうか?
 
特に大きな変わりはありませんが、前述したようにその障がい特有の問題は明らかに存在ます。
たとえば、発語障がいがあるかたは、自分の症状を正確に伝えていただくことが難しかったり、視覚障がいの方に、MRIなどの画像説明はできないため、丁寧な言葉での説明が必要となったり、麻痺があるかたは、前からその部位は動かないため、怪我によるものかの判断に困惑したりします。
なので、診察時間は少し長めに、かつできるだけ丁寧な対応が必要でした。
 
Q③未だ収束の兆しをみせないコロナウイルスですが、パラリンピックもオリンピック同様感染症対策が行われていたことと存じます。
オリンピックでの経験を元にパラリンピックで新たに行われていた対策はありますか?
 
パラの時はオリのときより東京自体の感染者数が増加していたため、より厳重な管理をされていました。
スタッフと選手側が診察室以外では交流することを最低限にするため、スタッフは完全に導線を別にされ、選手が集まるようなエリアへの立ち入りは完全にシャットダウンされていました。
あと、マスクもN95、フェイスガード、手袋の徹底や、受診者の発熱体調状況の詳細な証明など徹底した対策をとっていました。
そのおかげで、大きなクラスターもなく、コロナで中止になる競技もなく、無事大会が終了できたと思います。
 
Q④パラリンピックに携わって、改めて人の身体の機能や使い方、治療や患者さんへのアドバイスなどにおいて新たな発見や考えに変化はありましたか?
 
一言で言うと、人間の可能性は無限大だなと思いました。
どこかに不自由があれば、それ以外を極めることで、普通以上の能力が発揮できます。
また困難を乗り越える、前向き、上向きな強い意志が人を成長させると改めて感じました。
みんなが、人生の先生みたいでしたね。
 
Q⑤今回のパラリンピックでの活動は、大会後半での活動の参加という事で、決勝戦に臨む選手や、閉会式後緊張から解放された状態の選手の診療にあたったことかと思います。
選手や周りのスタッフの様子などはいかがでしたでしょうか?
 
驚くほどリラックスしていました。
無事に大会ができる、競技参加できるという気持ちと、オリパラと言った貴重な一瞬を楽しんでいる感じでした。
閉会式翌日の診療所には、診察目的以外に、各国のスタッフや選手がありがとうを言いにたくさん来てくれました。
そこで、今回のオリパラの印象を聞くと、揃って、素晴らしかった、最高だったと言っていました。
僕らもそう言ってもらえて嬉しかったですし、誇らしかったです。
 
Q⑥今回のパラリンピックでの活動で印象に残った事はどういったことでしょうか?
また、パラリンピックドクターとして携わったならではの出来事を教えてください。
 
Q4で言った様に、人間の可能性、上を向くことの大切さ、を改めて感じたところだと思います。
あと、感染対策、制限内での生活でも、人は笑顔になれるし、感謝の気持ちを持つことができるってことですかね。
 
Q⑦オリンピックに加え、パラリンピックのドクターとして活動を行う中で、またさらにスポーツ医療について考え方などに変化はございましたか?
 
今まで以上に,患者さんや若いアスリートに、オリンピアン、パラリンピアンから学んだ心を伝えて行きたいと思います。
 
Q⑧最後にラジオをお聴きの皆さんへメッセージをお願いいたします。
 
きっと多くのかたがオリンピックパラリンピックを観て聞いて、多くの感動を得たのではないかと思います。
いま、いろんな悩みなんかを持っている人や、これからなにかにチャレンジする人は、是非アスリート観て感じたことを糧として、解決したり、乗り越えいったりして欲しいと思います。
もちろん僕自身をそう生きていきたいと思います。
そしてこの思いを後世に語り継いで行けたら素晴らしいと思っています。
みなさん、応援ありがとうございました。感謝、感謝です。
 
------
本日オンエアのこのコーナーをポッドキャストでも配信中。
詳しくはここ↓
 

FMK Morning Glory

「熊本の朝をさわやかに!」を合言葉にお届けしています。
毎週月曜~木曜の 7:30~10:34
パーソナリティ
月曜・水曜 長木真琴
火曜・木曜 松村奈央
番組ホームページはこちら