映画「東京2020オリンピック SIDE:A」

カテゴリー
キネマのススメ


毎週火曜日にお送りしています、「キネマのススメ」。
毎週、番組がおススメする映画情報をお届けしています。
 
今日ご紹介するのは、現在公開中の映画「東京2020オリンピック SIDE:A」です。
 
新型コロナウイルス感染症の大流行によって、私たちの世界のあり方は大きく変化を強いられました。
生活スタイルや行動、価値観が変わり、人の流れも制限される中、この世界的なスポーツの祭典も、進むべき道が問われました。
今回の作品は、賛否両論が叫ばれる中、2021年7月23日に1年遅れの開会式が行われ、17日間でオリンピック史上最多となる33競技339種目がほぼ無観客で実施された大会と、その開催に至るまでの750日を東京2020オリンピック公式映画として記録した内容となっています。
 
現在公開中の、2部作の1作目となる「SIDE:A」では、表舞台に立つアスリートを中心としたオリンピック関係者たちにスポットを当て、彼らの秘めた思いと情熱、そして苦悩を映し出しています。
また、大会関係者、一般市民、ボランティア、医療従事者、オリンピック中止を叫ぶデモ参加者ら非アスリートたちの姿をとらえた「SIDE:B」は今月24日に全国公開が予定されています。
 
カンヌ映画祭常連で世界的にも知られる河瀬直美が総監督を務め、第75回カンヌ国際映画祭オフィシャルセレクションのクラシック部門(カンヌ・クラシックス)に選出されています。
 
SIDE:AとSIDE:B、その2つの側面から振り返り、私たちが経験した2021年夏の「真実」すべてを後世へ伝えたくなる作品となっています。
 
映画『東京2020オリンピック SIDE:A』は、
■TOHOシネマズ 光の森
■TOHOシネマズ はません
■TOHOシネマズ 宇城
■TOHOシネマズ 熊本サクラマチ で、現在公開中です。
 
異なる視点から描き出された2つのドキュメンタリーを是非劇場で体感ください。
 
以上、キネマのススメでした。

映画『東京2020オリンピック SIDE:A/SIDE:B』公式サイト
https://tokyo2020-officialfilm.jp/
 
-----
 
 

FMK Morning Glory

「熊本の朝をさわやかに!」を合言葉にお届けしています。
毎週月曜~木曜の 7:30~10:34
パーソナリティ
月曜・水曜 長木真琴
火曜・木曜 松村奈央
番組ホームページはこちら