映画「ジュラシック・ワールド/新たなる支配者」

カテゴリー
キネマのススメ

 
毎週火曜日にお送りしています、「キネマのススメ」。
毎週、番組がおススメする映画情報をお届けしています。
 
今日ご紹介するのは、現在公開中の映画「ジュラシック・ワールド/新たなる支配者」です。
 
1993年に幕を開け、現代によみがえった恐竜たちのリアルでスリリングな映像で、世界中に大興奮を巻き起こした『ジュラシック・パーク』シリーズの最終章作品です。
2015年『ジュラシック・ワールド』から、続く2018年の『ジュラシック・ワールド/炎の王国』まで、全世界シリーズ累計5000億円突破という驚異的な記録を打ち立てています。
 
今回は、ついに最終章ということで、シリーズの生みの親・巨匠スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮を務め、監督には『ジュラシック・ワールド』の名匠コリン・トレボロウが復帰します。
 
では、気になるそのストーリーを紹介しましょう。
ジュラシック・ワールドのあった島、イスラ・ヌブラルが噴火で壊滅し、救出された恐竜たちが世界中へ解き放たれて4年。
人類はいまだ恐竜との安全な共存の道を見いだせずにいました。
恐竜の保護活動を続けるオーウェンとクレアは、ジュラシック・パーク創設に協力したロックウッドの亡き娘から作られたクローンの少女、メイジーを守りながら、
人里離れた山小屋で暮ら日々を送っています。
そんなある日、オーウェンは子どもをつれたブルーと再会。
しかし、その子どもが何者かによって誘拐されてしまい、オーウェンはクレアとともに救出に向かうのですが・・・。
 
主演は前作に続き、クリス・プラットとブライス・ダラス・ハワード。
「ジュラシック・パーク」初期3作で中心となったサム・ニール、ローラ・ダーン、ジェフ・ゴールドブラムが演じる3人の博士もカムバックし、過去作へのオマージュ溢れるシーンで魅了します。
 
また、過去シリーズからの人気恐竜のほかに羽毛恐竜や地上最大の肉食恐竜などの新種恐竜が登場し、日本で大人気のヴェロキラプトルのブルーが、彼女の子供であるベータを連れてスクリーンへ帰ってくるというところも見所の一つです。
 
地球を支配するのは人類か恐竜か、それとも共存という夢はかなうのか?
29年にわたり恐竜と人類の闘いと絆という両極を描いてきたシリーズの最終章を、是非劇場でご覧ください。
 
映画『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』は、
■TOHOシネマズ 光の森
■TOHOシネマズ はません
■TOHOシネマズ 宇城
■TOHOシネマズ 熊本サクラマチ
■イオンシネマ熊本
■ユナイテッド・シネマ熊本
■熊本ピカデリー で、現在公開中です。
 
映画『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』オフィシャルサイト
 
-----
 

FMK Morning Glory

「熊本の朝をさわやかに!」を合言葉にお届けしています。
毎週月曜~木曜の 7:30~10:34
パーソナリティ
月曜・水曜 長木真琴
火曜・木曜 松村奈央
番組ホームページはこちら