ラジオ局エフエム・クマモト「FMK Morning Glory」の番組ブログ
[メニュー][トップ]

九州ハイランドガイド協会 会長、ECO九州ツーリスト合同会社 代表社員 寺崎彰さん


2021/05/31 10:25

「ひと」「もの」「こと」に関わるさまざまなトピックを切り取っていくインタビュー「月曜対談」。
九州ハイランドガイド協会 会長で、ECO九州ツーリスト合同会社 代表社員の寺崎彰さんに登山・トレッキング・トレイルランなど自然との親しみ方。
事前準備のアドバイス、山に登る際の安全対策など、詳しくお話を伺いました。
 
Q@ まずは九州ハイランドガイド協会について基本情報を教えて下さい。
 
所在地 : 上益城郡山都町馬見原824 ECO九州ツーリスト馬見原ガイドステーション内
設立年 : 平成14年会員48名
HP : http://khi.xsrv.jp/
FB : 九州ハイランドガイド協会で検索
 
QA 九州ハイランドガイド協会の主な活動内容を教えてください。
 
九州中央山地国定公園内の自然や歴史、文化を伝えるインタープリター
トレッキングガイド、石橋ガイド、フットパスガイド、森林インストラクター、観光バスガイドなど
 
QB 登山グッズの進化やコロナ禍でも密になりにくいアクテビティとして、以前に比べ登山される方、新しく登山を始める方などは増えたりされていますか?
また、九州ハイランド地域(九州中央山地国定公園)では年間どれくらいの方が登山をされていますか?
そのうちどれくらい遭難や事故などが発生していますか?
 
統計をとっているわけではありませんので、どれくらいの方が(人数)が脊梁を歩いているかはわかりません。
ただマイクロバスを使ったツアー登山はほぼ無くなったかと思います。
一方、ソロまたは2〜3人の少人数で山に入る人は確実に増えています。
登山経験が浅い初心者、若い人たちが多いように思われます。
背景にはキャンプブームもあるようです。
事故件数についても把握はしていませんが、先日の事故があった目丸山周辺だけでもここ5年で4件の大きな事故があっています。
熊日新聞には2019年、県内で11件の遭難事故があったと書かれていました。
 
QC 改めて登山をする際にまず準備すべき基本的な服装や持ち物について教えてください。
 
登山用のザック、靴はもちろんですが、一番気にかけて欲しいのは平地の気温と山の気温の差、風の強さが違うことです。
標高が100mあがれば0.6度下がるといわれています。
私が案内している脊梁尾根は平均して1500m程度なので例えば熊本市内からすると10度は低いことになります。
おそらく風の強さも倍以上になります。
しっかりした防寒、防風対策が第一、また天候も不安定なので雨具は必携です。
あとは十分な水分、行動食、ヘッドライト、モバイルバッテリーは必須です。
ほかにいざというとき風雨をしのいで体温をある程度維持できるエマージェンシーシートは是非持参いただきたいです。
 
QD 山に登る際の安全対策として登山者が出来ることはどのようなことでしょうか?
 
Q4と被りますがお金で買える安全は命の代償に比べれば安いものです。
例えば登山靴はしっかりしたものを、雨具でもゴアテックス製のもの、服装も気象条件に合わせ速乾性・保温性など考慮して選ぶべきだと思います。
 
QE 最近は登山者向けのアプリもあるという事ですが、どのようなものですか?
 
一番多く利用されているのはYAMAP(やまっぷ)というアプリでほかにヤマレコその他たくさんあります。
どのアプリも現在位置、ルートを確認するのにとても有効です。
今や登山になくてはならないものとなっていますが、そこに頼りきってはいけません。
予め地図をダウンロードして複数人のログを確認し、計画準備をしておくこと。
合わせて紙地図、コンパスも併用すれば方角、ルートを誤る可能性が低くなります。
ただし電源の消費も多いので予備のバッテリーは必携(これ重要)です。
 
QF 安全な登山のためには登山のための保険加入や、事前の登山届の提出が大切だという事ですが、改めてそれらの重要性について教えてください。
 
自分が加入している生命保険がどこまでカバーしてくれるのか?を確認をしたうえで登山保険の加入をお勧めします。
できれば遭難時の捜索費用をカバーできる内容であれば家族の負担も減らせると思います。
登山届、登山計画を家族、連絡がとれる人に知らせておくことは重要です。
特にソロ登山の方は必ず提出してください。
 
QG 高山病の症状、危険性、リスクについて教えて下さい。
どのような条件下で発症する場合があるものなのでしょうか。
 
標高2000m未満の九州の山ではまず高山病はないと思います。(個人差があるかもしれません)
自分の経験では標高3000mを目安にしています。
気象条件、そこに辿りつくまでの順応時間にもよると思います。
 
QH 九州近郊で有名な登山箇所、初心者、中級者にオススメの登山エリアについて教えて下さい。
 
日本百名山に選ばれている山は久住、祖母、阿蘇、霧島、開聞、宮之浦です。
久住や阿蘇などは登山道もはっきりしていてルート次第ですが初心者でも楽しめます。
県内では俵山や鞍岳などもお勧めです。
中級者以上なら自分が常日頃ガイドさせていただいている「九州脊梁山地」がお勧めです。
西日本一の手つかずのブナ原生林が自慢です。
春の花々、夏の青葉、秋の紅葉、冬の樹氷など四季を通して楽しめます。
熊本県最高峰の国見岳(1739M)や二番目の市房山(1721m)など登山対象の山が62座含まれます。
この脊梁の魅力に取りつかれてこの仕事を始めました!!
 
QI これからの時季の山の楽しみ方はどういう楽しみ方がありますか?
 
今は山の緑が一番きれいな時です。久住や阿蘇、霧島といったところでは「ミヤマキリシマ」の花を求めて多くの登山者が登ります。
梅雨があけて夏になれば、標高が高い山に涼を求めてテント泊も楽しみです。
 
QJ 最後にラジオをお聴きの皆さんへメッセージをお願いいたします。
 
登山・トレッキング・トレイルランなどこのコロナ禍のなか自然に親しむ、山を楽しむことは健康増進、ストレスの発散、免疫力の向上などが期待され多くの人に楽しんで欲しいと願います。
一方で山には常にリスクが伴うこと、安易な考え、計画、行動は事故や遭難など自らを危険にさらすだけでなく、家族や友人、関係者に多大な迷惑を及ぼすことを考えてください。
セルフマネジメント、リスクを回避する術を是非身につけて欲しいと思います。
ECO九州ツーリストでは九州脊梁山地を中心に、登山計画から準備のアドバイス、ご希望があればガイドやサポートも承っています。
是非お気軽にご相談ください。
電話0967-74-4330
HP : https://www.eco9syu.com/
 
------
本日オンエアのこのコーナーをポッドキャストでも配信中。
詳しくはここ↓
ポッドキャストへはここをクリック!