マツスケのまうごつ北海道日記2024~DAY1・小樽篇~

カテゴリー
2024年放送分

2023年8月、

熊本県と北海道は半導体分野での連携強化に向けた協定を締結。

熊本と北海道は、今、どちらも大規模な半導体工場の立地が進んでおり、

これを機に両地域の人の移動や、ビジネス、文化の交流が活性化。

くまモンが北海道へ行ったり、

北海道の観光PRキャラクターキュンちゃんが熊本へ来たりと

観光面でも交流が進んでいます!

2024年2月には阿蘇くまもと空港と新千歳空港を結ぶチャーター便も運航しますし、

今後、直行便の定期運航が実現したらとても便利ですねairplanelovely

 

そんな遠くない未来を夢見つつ…

この度、FMKで毎週木曜日21:30~21:55で放送中「熊本カルチャーポータル」のパーソナリティー

松本亮介が「ゴールデンカムイの聖地巡礼」の旅で北海道を取材しました。

このブログでは、その旅の模様をお届けします。

※放送は2024年1月11日(木)、18日(木)の「熊本カルチャーポータル」です。

※ブログ下部にはポッドキャストもありますので、そちらもお楽しみください。
 

==========================================

2023年11月某日、

朝6時40分、阿蘇くまもと空港

PB151580.JPG

朝から元気sun

それもそのはず。今回の旅の目的地は北海道

ちょいテンション高めupup

DSC_1508.JPG

7時45分発JAL東京羽田行きに搭乗。

PB151585.JPG

松本「おっ!」

PB151583.JPG

松本「ディズニーの100周年特別機じゃん!」

何か幸先よさそうです。

 

現在、熊本空港から北海道への直行便はありませんが、

東京羽田空港大阪伊丹空港経由で新千歳空港に飛ぶことができます。

 

羽田空港の機体の混雑で少し到着が遅れましたが、9時35分に羽田空港に到着。

少し急ぎ目で9時55分発新千歳空港行きへ乗り継ぎ。

(バタバタで写真は撮れませんでしたが、JALの方の案内でスムーズに乗り継ぎできました。)

DSC_1509.JPG

11時30分、新千歳空港に到着。

熊本を飛び立って約4時間!午前中には北海道に到着です!

 

 

北海道の降り立ってまず最初にしたこと

北海道のソフトクリームを

DSC_1511.JPG

食べる!

DSC_1512.JPG

うまい!

生乳感たっぷりで濃厚なソフトクリームで、

北海道取材へのワクワクが既に止まらないhappy02

 

今回の旅のテーマは「ゴールデンカムイ聖地巡礼」

ゴールデンカムイは、明治時代後期の北海道を舞台に、アイヌから奪われた金塊を求めて

旅をする日露戦争の英雄・杉元佐一とアイヌの少女アシㇼパの物語。

原作は週刊少年ジャンプに掲載された野田サトルさんの大ヒット漫画で、

アニメは現在第四期まで放送され、最終章の制作も決定しています。

さらに、今月から実写映画「ゴールデンカムイ」が公開(2024年1月19日)

その序盤の舞台となるのが、小樽と札幌です。

 

今回は実写映画公開に合わせて、漫画を参考に舞台となった小樽札幌を回ります

 

初日はまず小樽へ。

DSC_1513.JPG

道内の移動はレンタカー。(空港のレンタカーカウンターに行くと、バスで送迎してくれます。)

 

新千歳空港から高速を走ること約1時間半rvcar

いよいよ、最初の聖地へ。

 

 

聖地No.1「小樽市鰊御殿」

DSC_1523.JPG

明治から昭和初期にかけて、北海道で盛んだったニシンの漁は、網元に冨をもたらし、

鰊御殿が誕生しました。

CENTER_0001_BURST20231115150328057_COVER.JPG

漫画ゴールデンカムイにも辺見和雄と杉元が逃げ込むシーンで登場した「鰊御殿」

正にこんな角度。

この建物は移築復元されたそうですが、

全盛期には100人を超える人が寝泊まりし、ニシン漁に係っていたそうです。

DSC_1518.JPG

鰊御殿が立つ岬の上からは石狩湾を一望できます。

HORIZON_0001_BURST20231115143418809_COVER.JPG

PB151597.JPG

最初の聖地から、しっかり写真が撮れて、ワクワクが暴走を始めた松本さん、

辺見っぽいポーズを披露。

取材日は臨時休館中で、残念ながら施設の中は見学できませんでしたが、

外観だけでも見る価値あり!!

 

というわけで、次の聖地へ移動です。

小樽市鰊御殿から車で5分car

 

聖地No.2「にしん御殿 小樽貴賓館(旧青山別邸)」

DSC_1526.JPG

残念ながら館内写真の掲載はできないのですが、こちらも、鰊御殿

当時ニシン漁の大網元として財を成した青山家の別邸として建てられた建物で、

国の登録有形文化財にも指定されています。

先ほどの鰊御殿と少し雰囲気が違いますが、

贅を尽くした、まさに「御殿」を見ることができる施設です。

 

当時の鰊で財を成した富豪の勢力や生活ぶりなど歴史的な学びはもちろん、

館内の洋間有田焼のトイレなど、

ゴールデンカムイの作品の中に登場するシーンのモデルになったものは多く、

聖地としての見応えもかなりのものです!

いやほんと、想像以上に豪華絢爛ですよ!

 

 

 

聖地No.3「小樽新倉屋花園本店」

鰊御殿のある岬から移動し、小樽市街地へやってきました。PB151603.JPG

小樽の市街地にある小樽新倉屋花園本店

ここでは、作中で第七師団の鶴見中尉と杉元が食べた「小樽名物花園だんご」を食べることができます。

PB151604.JPG

あ、鶴見さんおった。

醤油、黒餡、白餡、抹茶餡、胡麻の5種類があります。

PB151606.JPG

写真は醤油と黒餡。

餡の乗せ方に特徴があり、庶民の味のだんごを贈答品にもできるようにと

2代目が『山形一刀流』と名付けて考案したそうです。

 

やわらかだんごに甘じょっぱい醤油が絡んで、

PB151607.JPG

「うまい」

気分はまるで串刺し前の杉元です。

 

 

 

聖地No.4「小樽浪漫館(旧百十三銀行小樽支店)」

新倉屋から歩くこと約5分、あたりはすでに夜の雰囲気night

1701838098085.jpg

小樽浪漫館。ここはガラス細工やアクセサリーなど小樽のお土産が買えるお店ですが、

その建物は、そう。

作中で土方歳三たちが銀行強盗に入って、鶴見中尉と対峙するシーン。

実際の建物も銀行跡で明治41年(1908年)に建てられたそうです。

1701838097871.jpg

下から見上げる土方(松本)、窓からのぞく鶴見(不在)。

 

どんどん行きましょう

 

聖地No.5「小樽大正硝子館(旧名取高三郎商店)」

小樽浪漫館からは、徒歩30秒。

もう道挟んですぐのところにあるのが小樽大正硝子館。

1701838098266.jpg

ここも見覚えありますかね。

鶴見中尉が銃を上に向けて放つシーン。

写真でいうとこんな感じ。

1701838097944.jpg

それを撮影している姿はこんな感じ

DSC_1550.JPG

あっという間に夜になってしまい、今日はここまで。

PB151610.JPG

朝7時45分に熊本と飛び立って、午後7時。

およそ12時間で、5つの聖地を回ることができました。

1701838097019.jpg

1701838097513.jpg

特に小樽市街地は、作中の時代を感じることができる歴史、文化的な街並みがあり、

グルメや観光、スイーツなどいろいろなことが楽しめます。

ゴールデンカムイの聖地巡礼、小樽は外せません!

DSC_1557.JPG

今夜は小樽泊!

 

松本亮介が各地で収録したリポートはポッドキャストで聴くことができます!

まうごつ北海道podcast_DAY1.mp3

 


本日の聖地

小樽市鰊御殿

住所   北海道小樽市祝津3丁目228

営業時間 2023年度は大雨による土砂崩れの影響で、年度内の営業は終了しています。

     来年度の営業については施設のHPなどでご確認ください。

HP     https://otaru-aq.jp/nishingoten

 

にしん御殿 小樽貴賓館(旧青山別邸)

住所   北海道小樽市祝津3丁目63

営業時間 4月~10月 9:00~17:00

     11月~3月 9:00~16:00

HP    http://www.otaru-kihinkan.jp/

 

小樽新倉屋花園本店

住所   北海道小樽市花園1丁目3-1

営業時間 9:30~18:00

HP     https://www.niikuraya.com/

 

小樽浪漫館(旧百十三銀行小樽支店)

住所   北海道小樽市堺町1-25

営業時間 9:30~17:30

HP    https://www.tanzawa-net.co.jp/shop/02.html

 

小樽大正硝子館(旧名取高三郎商店)

住所   北海道小樽市色内1丁目1-8

営業時間 9:00~19:00

HP    https://www.otaruglass.com/

 

 

北海道の旅行なら、北海道観光振興機構が運営する

北海道公式観光サイト「HOKKAIDO LOVE!」がおすすめです。

広大な北海道の地域別、季節ごとの観光情報はもちろん、

初めて北海道旅行者向けからディープな情報まで、欲しい情報が見つかるサイトです。

Kyun_chan_ver_pages-to-jpg-0001.jpg

さらに、HOKKAIDO LOVE!LINE公式アカウントでは、

北海道の旬な観光情報やお得なキャンペーン情報をお届け!

毎月当たるプレゼントキャンペーンも実施中で、北海道にいなくても、楽しむことができます!

LOVE HOKKAIDO! LINE 公式アカウントは下記QRコードから登録!!

line-qr.png  hokkaidokannkoushinnkoukikou_logo.jpg