7月14日「熊本県民天文台 艶島」

今週は、熊本市南区城南町の塚原古墳公園内にある「熊本県民天文台」をご紹介しました。
は天文好きの方々が有志で運営されていて、今年で38年目となる天文台です。
そんな、熊本県民天文台も熊本地震で大事な“望遠鏡”が倒壊しましたが、
2018年の6月に新しい望遠鏡が設置されています。
お話を伺ったのは、熊本県民天文台 台長 艶島敬昭さんです。
 
IMG_20190625_094413.jpg
 
IMG_20190625_114227.jpg
 
地震をきっかけに、安全面に配慮した天体観測について一から構築し直し、
安全性の高い望遠鏡が導入される事になりました。
それだけではなく、精度もとても高く、
これまで以上に夜空の天体ショーを楽しむことができそうです。
 
IMG_20190625_094837.jpg
 
「星を見ると、横並びの場所で“今”光っているように見えるかもしれないけれど、
実は、全然違う時代の光が届いているんですよ」と話して下さったのが印象的で、
これから先、長い時間が経った時に、今日という日が少しでもいい日だったと思えるといいな、
そんな風に感じました。
天文が大好きなスタッフによる楽しい解説付きの一般公開も行われていますので、
皆さんも、少しゆっくりしたい時や頭を空っぽにしたい時、リフレッシュしたい時に、
宇宙のロマンに触れに出かけてみませんか?
 
熊本県民天文台 http://www.kcao.jp/
 
 
この番組では、熊本地震に関連して、
取り上げて欲しい要望やメッセージなどもお待ちしています。
アドレスは、with@fmkummoto.jp です。
FMK 熊本地震復興応援プロジェクト~with~
 
 
 

 

番組内容

毎週日曜日 9:45~9:55

平成28年熊本地震発生後から取材したさまざまな声をラジオからお届けし、その想いの輪をつなげていきます。
一つ一つの想いに寄り添いながら、熊本の明るい未来へ向かって、一緒に歩んでいきましょう。

with@fmkumamoto.jp
メッセージフォームはこちら>