10月6日「火の国プロジェクト 岸田宗範さん」

今日は、熊本復興の為、東京での熊本への観光の呼びかけ、
農産物紹介などの活動をしている火の国プロジェクト主宰の「岸田宗範」さんにお話を伺いました。
 
火の国プロジェクト主宰・岸田宗徳さん.jpg
左の写真は、火の国の歴史を象徴する健軍神社の参道からの風景です。
 
もともと環境省職員の岸田さんは、転勤で熊本に住んでいたことがあります。
地震後も、農業ボランティアなどで、度々熊本を訪れています。
 
環境がご専門の岸田さんが、
地震から3年半になる今も続ける火の国プロジェクトの活動。
熊本に住んでいた際に気づいた、火の国の歴史。
大地に眠っていた歴史を呼び起こすことで、本来の魅力も出て来て、
それが熊本観光の復興にも繋がるのでは、
というのが岸田さんの想いです。
 
<火の国の歴史を紹介する岸田さん>
火の国の歴史を紹介する岸田さん.jpg
 
神社の支援の話がありましたが、
今月17日に行われる益城町の木山神宮例大祭に、岸田さんもいらっしゃるそうです。

この番組では、熊本地震に関連して、
取り上げて欲しい要望やメッセージなどもお待ちしています。 
アドレスは、with@fmkumamoto.jpです。
 

番組内容

毎週日曜日 9:45~9:55

平成28年熊本地震発生後から取材したさまざまな声をラジオからお届けし、その想いの輪をつなげていきます。
一つ一つの想いに寄り添いながら、熊本の明るい未来へ向かって、一緒に歩んでいきましょう。

with@fmkumamoto.jp
メッセージフォームはこちら>