1月15日 高橋稲荷神社

今回の熊本地震で、
心の拠り所でもある数多くの神社やお寺なども
大きな被害を受けました。

 

今回は、熊本市西区上代にあり、
日本稲荷五社の一つとされている「高橋稲荷神社」
竹内博 宮司にお話を伺いました。

高橋稲荷神社2.jpg

新年で賑わいを見せていた高橋稲荷神社は、
本殿と社務所の裏側にある斜面が地滑りを起こし崩落したそうです。
社務所は全壊、裏の鳥居に通じる道も塞がれたとのこと。

高橋稲荷神社5.jpg

また、シンボルであった高さ十数メートルの
赤い大鳥居は亀裂が生じて傾いたため、解体されました。

現在は、新たな大鳥居が一基、再建されています。

高橋稲荷神社3.jpg

お正月に合わせて、皆様が参拝できるように、と
仮復旧を済ませた高橋稲荷神社。

現在は、本殿でご祈願・お祓いもできます。

高橋稲荷神社7.jpg

しかし、全面復旧にはまだまだ時間がかかるようです。
これからも少しずつ復旧・復興に向けて、
進んでいきたいと力強く語ってくださった竹内宮司。

 

今年の「初午大祭」は、2月12日(日)に行われます。

開催できる、ということが嬉しいですよね。
この日も多くの方で賑わうことでしょう。

高橋稲荷神社1.jpg

 

番組内容

毎週日曜日 9:45~9:55

平成28年熊本地震発生後から取材したさまざまな声をラジオからお届けし、その想いの輪をつなげていきます。
一つ一つの想いに寄り添いながら、熊本の明るい未来へ向かって、一緒に歩んでいきましょう。

with@fmkumamoto.jp
メッセージフォームはこちら>