2月12日 広安西小学校 井出文雄校長先生②

前回に引き続き、

広安西小学校の井出文雄校長先生にお話を伺いました。

 

益城町の指定避難所でもあった益城町立広安西小学校は、

震災直後は、学校内におよそ、800人、

運動場に車がおよそ200台ほどが止められ、

多くの方々の避難生活の場となっていました。

 

1ヶ月ほどの休校を経て、5月9日に学校を再開した際には、

親御さんたちの状況も一変していたそうです。

 

「仕事の都合で送り迎えができないので、学校を休ませます」

という保護者の方の言葉がきっかけで、

授業が終わった後から親が迎えに来るまでの間、

子供たちを預かる「放課後子ども教室」を始められました。

 

井出校長先生のお話を聞き進むにつれ、

困難な状況の中でも子供たちやその保護者、

先生たち、ボランティアの方々など、

みんなにとっての最善を考え、工夫し、

行動していた先生たちの熱い思いが伝わってきました。

 

益城町立広安西小学校 独自のこういった動きは、

今まで学校を訪れたボランティアの方達との

交流の中から生まれたんだそうです。

 

物資などの交流を通して、次第に”人と人との交流”に変化していったんですね。

 

今回、ボランティアに頼るべきところは頼り、地域と密になり、

ピンチをチャンスに変えようという井出校長先生の

一生懸命な姿勢が、たくさんの方に伝わって、

”心の繋がり”が生まれていったんだなと感じました。

番組内容

毎週日曜日 9:45~9:55

平成28年熊本地震発生後から取材したさまざまな声をラジオからお届けし、その想いの輪をつなげていきます。
一つ一つの想いに寄り添いながら、熊本の明るい未来へ向かって、一緒に歩んでいきましょう。

with@fmkumamoto.jp
メッセージフォームはこちら>