11月5日 熊本市動植物園②

先週に引き続き、熊本市動植物園の獣医師、

松本充史さんにお話を伺いました。

 

先週のインタビューでは、

熊本市動植物園にいるアフリカゾウや、マサイキリンは、

このまま繁殖が進まなければ、

もしかしたら20年ほど経った時にはみられなくなるかもしれない…

熊本の動物園から象やキリンがいなくなる可能性がある…というお話を伺い、

改めて、「地域に動物園がある」ことの意味を考えさせられました。

 

熊本市動植物園には、およそ120種の動物、700頭が飼育されています。

そんな野生動物たちを間近で見ることができるのが、動物園です。

 

現在も、様々な工事が行き交い、

園内では、掘り起こしたり、園路を整えたりする工事が続いています。

 

熊本市動植物園は、現在も水などは復旧していない、というお話も伺いました。

 

それでも全面開園の目標を来年4月に定め、

スタッフはそこに向けて頑張っているそうです。

 

私たちにできることはどんなことがあるのか、

一人一人が考えるきっかけにしてほしいと思います。

 

復旧までに多額の費用がかかる見込みの熊本市動植物園では、

寄付を募る「復興応援サポーター」も募集されています。

 

5千円以上寄付された個人サポーターの方には、

オリジナルの手作り記念品(缶バッジ)も贈られるそう。

 

部分開園する土曜、日曜、祝日に、

江津湖側の南門で受け付けられているので、

よかったらそちらにもご協力をお願いいたします。

番組内容

毎週日曜日 9:45~9:55

平成28年熊本地震発生後から取材したさまざまな声をラジオからお届けし、その想いの輪をつなげていきます。
一つ一つの想いに寄り添いながら、熊本の明るい未来へ向かって、一緒に歩んでいきましょう。

with@fmkumamoto.jp
メッセージフォームはこちら>