2月11日 飯野小仮設団地②

今もまだ、9,500人ほどの人たちが暮らしている、応急仮設住宅

熊本県の16市町村に110団地整備されています。

 

先週に引き続き、今回も、

益城町の飯野小仮設住宅に住む、草野圭介さんにお話を伺いました。

 

草野さんは去年の9月まで、飯野小仮設住宅の自治会長をされていました。

 

慣れない仮設住宅での生活の中、

ご自身の住宅再建や、共同生活をする人たちとの付き合い方など、

去年は悩む1年だったという草野さん。

 

いま仮設に住んでいる状況は、復興ではなく、復旧している状況。

全ての人たちが仮設住宅から退去し、

住宅再建ができて初めて、復興ができたと言えるのではないか。

そう話されていました。

 

現在熊本県では、くまもと型復興住宅の整備や、

自力再建への支援を行い、2020年までには、

仮設住宅から新しい住まいへの移行を終える方針です。

 

1日でも早く復興できることを目指して、

みんなで助け合いながら生活していきましょう。

番組内容

毎週日曜日 9:45~9:55

平成28年熊本地震発生後から取材したさまざまな声をラジオからお届けし、その想いの輪をつなげていきます。
一つ一つの想いに寄り添いながら、熊本の明るい未来へ向かって、一緒に歩んでいきましょう。

with@fmkumamoto.jp
メッセージフォームはこちら>