10月14日 くまもと友救の会

熊本で活動している様々なボランティア団体。

 

熊本地震の時には、自分たちも被災しながら、

誰かの力になるための活動を行なっていました。

 

そんな、ボランティア団体を繋いでいるのが、この番組でもご紹介した、

くまもと災害ボランティア団体ネットワーク、 KVOADです。

 

様々な団体が所属し、現在も、

熊本各地でボランティア活動を行われています。

 

そのボランティア活動団体の一つが、

今回ご紹介する「くまもと友救の会」

 

地震直後にくまもと友救の会を立ち上げたのが、代表の松岡亮太さん。

 

兵庫県出身で、小学校5年生の時に阪神大震災を経験したことが、

現在の活動に繋がっているんだそうです。

 

松岡さんが言っていた、意思決定の優先順位。

 

第一に、「それは社会的にやらなければいけないことなのか」

第二に、「それは自分がやりたいことなのか」

第三に、「それは自分にできることなのか」

 

この3つが揃った時に、それを一生懸命やる。

誰かに言われたボランティアをやるのではなくて、自分で考え、行動する

 

ボランティア活動の本質は、そういったところにあるのかもしれませんね。

 

もしあなたが誰かの助けを必要としている、

また、誰かの力になりたい!

くまもと友救の会のようなボランティア団体に参加したい!

というのであれば、まずは、

くまもと災害ボランティア団体ネットワーク、 KVOADへ連絡してみて下さい。

最適なボランティア団体へ繋いでくれますよ。

 

電話番号は、096-288-4117。

 

KVOADのホームページ、または、事務局がある、

熊本総合福祉センターで直接申し込むこともできますので、

是非そちらも確認してみて下さい。

番組内容

毎週日曜日 9:45~9:55

平成28年熊本地震発生後から取材したさまざまな声をラジオからお届けし、その想いの輪をつなげていきます。
一つ一つの想いに寄り添いながら、熊本の明るい未来へ向かって、一緒に歩んでいきましょう。

with@fmkumamoto.jp
メッセージフォームはこちら>