3月19日 アコーディオニスト・cobaさん

地震直後から、様々な方が熊本のことを思い、

実際に訪れたりいろんな形での支援を行なってくれています。

 

世界で活躍されているアコーディオンプレイヤーの

アコーディオニスト・cobaさんもその一人です。

 

cobaさん.jpg

 

cobaさんは24、5年間、ライブで毎年熊本に訪れていたそうで、

すぐにでも支援をしたいと考えていたそうです。

 

しかし、東日本大震災で、

ミュージシャンはちっぽけなことしかできないと実感し、

自分に何ができるのかをとても考えたと仰っていました。

 

その時分かったことが、

「一人が頑張り過ぎても疲れてしまう、

自分にできることを少しずつ、それをみんながやれば大きくなる」

ということだったそうです。

 

熊本を励ますために、

7月・8月は色んなところででチャリティーコンサートを行ない、

忙しい合間を縫って12月に熊本に来てくださり、

益城町の小学校でコンサートを行なってくださいました。

 

きっと、たくさんの方が

cobaさんから励まされたことでしょう。

 

cobaさんにとって熊本は住みたい街ナンバーワンだそうです。

 

そんなcobaさんは、自分には何ができるのかという思いを胸に

すぐに行動を移してくださいました。

番組内容

毎週日曜日 9:45~9:55

平成28年熊本地震発生後から取材したさまざまな声をラジオからお届けし、その想いの輪をつなげていきます。
一つ一つの想いに寄り添いながら、熊本の明るい未来へ向かって、一緒に歩んでいきましょう。

with@fmkumamoto.jp
メッセージフォームはこちら>