4月15日 映像ディレクター 久保理茎さん②

かつて、NHK熊本放送局に勤め、 現在はフリーとして、
宮崎に住みながら活動している映像ディレクター、
久保理茎さんに、今回もお話を伺いました。

映画『西原村』は、
奮闘する役場職員たちと、葛藤を抱えた自宅再建を目指す住民の姿を
描きたいと思って作られたそうです。

自宅再建が一番大変ですが、仮住まいの方がまだまだ居ることが
辛いことですし、元住んでいた場所に戻るのか、
ということで家族の中でも意見がまとまらない方が多いとのこと。

そういう部分を映画で描きたいと思ったとのこと。

この映画は特に、西原村を知らない方や、地震を知らない未来の子供達
多く見て欲しいと久保さんは仰っていました。

この映画を通して、地震について、西原村の現状についてなど、
知ってもらえるきっかけになればいいですよね。

 

良ければ是非、「ドキュメンタリー映画西原村」の
クラウドファンディングサイトへアクセスしてみてください。

https://camp-fire.jp/projects/view/64810

番組内容

毎週日曜日 9:45~9:55

平成28年熊本地震発生後から取材したさまざまな声をラジオからお届けし、その想いの輪をつなげていきます。
一つ一つの想いに寄り添いながら、熊本の明るい未来へ向かって、一緒に歩んでいきましょう。

with@fmkumamoto.jp
メッセージフォームはこちら>